フロアコーティングの種類別の特徴

img-1

床を美しく見せたり、長くきれいに保つために行うものとしてフロアコーティングがあります。このフロアコーティングにはコーティングの種類がたくさんあり、種類ごとに特徴が大きく異なります。まずワックスタイプがあります。このタイプは以前から使用されていたため馴染みがある人も多いはずです。
ツヤを出すことが主な目的でありコストが安いことが特徴的です。

次にウレタンコーティングがあります。

摩擦に対する強さや施工中の臭いが少ないことが特徴的です。


またツヤが控え目ですのであまりピカピカな床が似合わない部屋にオススメです。

ガラスコーティングは名前から想像できるように硬度が高いです。

耐水性だけでなく、耐溶剤性、耐洗剤性が高いため掃除も容易に行うことが出来ます。
そしてシリコンコーティングがあります。
硬さや薬品に対する強さなどの基本的な性能高いことで人気です。

またキッチンに適しているため良く使用されます。最後にUVコーティングがあります。


これは特殊な機材を使用して行うコーティングであり、耐久期間や保護性能が最も高いと言えます。

滑りにくいため子供や高齢者がいる家庭にオススメです。瞬間で硬化るため乾燥の待ち時間がないこと、部分直しもすぐできるという点でも魅力的です。


お部屋の雰囲気や家族構成、ペットの有無によっても適するコーティングは異なりますので、特徴や価格をよく知ってフロアコーティングの種類を検討すると良いでしょう。ペットブームにより子犬などを家の中で飼育する人が増えています。
ペットは家族の一員と言う事からも、家の外ではなく室内で飼育をしているのですが、ペットが行き来できる場所は自由になっていると言う家も多く在ります。


フローリング床は表面が柔らかいため、犬が家の中を走り回ると爪などでフローリング床の表面に小さな傷が付いてしまう事も在ります。

ペット用のトイレは在るけれども、他の場所でおしっこをしてしまった、と言う事も起きやすくなります。フローリング床はワックスがけをしてあるので、吸水性はそれほど低くは在りませんが、ワックスが塗って有っても水分は吸収してしまうのでシミが出来てしまう事もあるわけです。
また、水拭き掃除が出来ないため、洗剤を使って床をおしっこの臭いを取る事も難しくなります。


フロアコーティングはこうしたペット飼育をしている人にも便利なリフォームでもあるのです。
フロアコーティングと言うのは、既存のフローリング床にシリコンやウレタン、UVなどの材料の特殊なコーティング剤を使って塗膜を作る手法であり、フローリング床を張替えたり、一度剥がしてから塗装を行うことなく、そのままの状態で施工が出来るリフォームなのです。

フロアコーティングを施す事で床の表面はコーティングで保護されることになるため、ペットが家の中を走り回っても爪でフローリング床に傷が出来ることが無くなりますし、おしっこをしてしまっても洗剤を使って綺麗にすることが出来るなどのメリットも在り、ペット飼育にも安心なフロアコーティングなのです。

フローリングの修理ついて詳しく説明しているサイトです。

柏で外壁塗装の口コミ情報を参考にしよう。

フローリングの修理の情報はかなり役に立ちます。

兵庫の木材のホームページをチェックしましょう。

神奈川のリフォームに関する情報です。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/campus/jitsuryoku/20141107-OYT8T50060.html?from=yartcl_blist

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=HEreform_00409

http://m3q.jp/?comment_id=6170&order=hot&page=104

関連リンク

img-2
フロアコーティングを依頼するポイント

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。...

more
img-2
フロアコーティングの種類

フローリングを長持ちさせるフロアコーティングには、いくつかの種類があります。アクリル系コーティングはワックスとして使われ、塗りやすく塗りなおしも可能で、使いやすさが特徴です。...

more
top