フロアコーティングの種類について

img-1

床は住宅の中で最も表面積が多い部分の一つです。

そのため、フローリングは常に綺麗にしておきたいものです。



そういう思いがあり、新築の頃のように綺麗さを保つにはフロアコーティングが一番よいです。

フローリングは物を擦るとすぐに傷つきます。
そのため慎重に扱わなければなりません。床材にキズが付いてからでは取り返しがつかないこともあります。



床材としては天然木はあまり使われません。



合板であることが多いです。



木の中でも天然木は経年劣化の進行が早いのです。注意しなければすぐに劣化してしまいます。

フロアコーティングは流行の兆しが見えますが、新築の時の綺麗さを継続させるなら必須といえます、リフォームでこの処理を施す家庭が急増しています。



フローリングの手入れは畳などと比べると比較的楽なのですが、それでももっと楽にしたいと考える人が多いです。フロアコーティングはそれを実現する技術です。手入れを毎日しなくても施工さえしてしまえば、数年は綺麗な状態が続きます。
フロアコーティングの作業は出来るだけ迅速に行った方がいいのですが、あまり急ぎすぎるとコーティングの漏れが発生するので慎重に行う必要があります。


フロアコーティングはまだ歴史が浅いですが、すでにいくつもの派生技術が生まれています。滑り止めのコーティングも新しい技術の一つですが、採用される頻度がとても高いです。



老人の転倒防止に大きな効果を発揮するといわれています。

フロアコーティングは最近流行している床のコーティングです。



フロアを清潔に保つために行う作業のことですが、この作業を行うことで新築の時のように綺麗な状態をずっと保つことができます。子供が入る場合、綺麗なフロアもすぐに傷だらけになります。

そのため、タイミングとしては新築の時か子供が出来た時に行うのが一般的です。
もしくはリフォームの時に行い事も多いです。

フローリングは見た目よりもずっと繊細なのです。
乱暴に手入れをするとすぐに傷だらけになります。
そのため床の材料を選ぶ際にも注意が必要です。フロアコーティングは床の材料の良さを残したま保護します。



そうすることにより、綺麗な状態をいつまでも保てますし、光沢もずっとある状態にできます。

傷がつきにくいので、リフォームの必要もなくなります。

施工前にフローリングを綺麗に掃除しておいた方がいいです。ただし、掃除をしなくても通常なら施工会社がしっかりと清掃を行ってくれます。


フロアコーティングに要する時間はそれほど長くないですが、事前に養生しておくとさらにスムーズに行えます。

ただし、作業が終わってから乾燥しおわるまでは踏み入る事はできませんので注意が必要です。フロアコーティングにはいくつかのバリエーションがあります。

たとえば、滑りにくくするタイプなどが、高齢者には選ばれています。


掃除を楽にできるようになるのが、主婦の間でとても人気がある理由であるといえます。

関連リンク

img-2
フロアコーティングを依頼するポイント

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。...

more
img-2
フロアコーティングの種類

フローリングを長持ちさせるフロアコーティングには、いくつかの種類があります。アクリル系コーティングはワックスとして使われ、塗りやすく塗りなおしも可能で、使いやすさが特徴です。...

more
top