フロアコーティングとワックスとの違い

img-1

フロアコーティングとはフローリングの床に特殊な剤を使ってコーティングすることです。



フロアコーティングを施すことによって、床に傷や汚れをつきにくくしたり、床の美しさを長く保つようにすることができます。
それならばワックスでもよいのではないかという人もいますが、ワックスは主に床のつやを出すことが目的です。



そのため価格も手ごろで簡単にできますが、耐水性や耐摩耗性は低いため定期的にワックスをかける必要があります。



また前に塗ったワックスを拭き取らずに、そのまま上から塗っていくのでフローリングの色がどんどんくすんでいってしまうこともあります。



フロアコーティングの場合は耐水性が高いので、水拭きなどのお手入れも可能でいつも清潔な床を保つことができますし、シミや匂いなどがつく心配も少なくて済みます。



また耐磨耗性も高いので、床を傷から守ることができますし、光沢のある床にすることができるので、光が反射して部屋のイメージを明るくすることもできます。
また光沢の度合いを選ぶこともできます。

フロアコーティングは薄いプラスティックをフローリングに敷くようなものですので、一度施工するとコーティング層を作ることができ長い期間、傷や汚れ湿気などの水分などからフローリングを守ってツヤを保つことができ、床のお手入れもらうにすることができるのです。



またワックスと違う点としてはフロアコーティングは厳しい規格を通った合成樹脂などの剤が使われるので、安全性が高いというところもあげられます。最近では住宅を建てる際にフロアコーティングを施しておくという家庭がとても多くなってきています。入居の前にフロアコーティングをしておくことによって、家具を移動するという手間を省くこともできますし、入居してから普通に生活するという事も出来るというメリットがあるからなのです。フロアコーティングをしておくことによって、傷や日焼けからフローリングを守ることができますので、子供がいるという家庭や、日当たりがとても良いという住宅にはとてもおすすめとなっているのです。子供と一緒に生活していると、重たい物を無理矢理引きずって傷が出来てしまったり、おもちゃを落としてしまってフローリングをへこませてしまうということも多くなるのです。



しかし、フロアコーティングをしておくことによって、こういった傷やへこみからフローリングを守ることができますので、キレイな状態で生活をすることができるのです。
日当たりが良いという住宅に住むという場合、日に当たった部分だけ焼けて色が変色してしまうということがよくありますので、フロアコーティングを施しておくことによって、こういった日焼けによる変色からフローリングを守るということもできるようになるのです。
大掃除の際に面倒なワックスがけをしなくてもいいというメリットもあることから、コーティングをするという人が増えてきているのです。



キレイな状態で長く生活するためにも、こういったコーティングを入居前にしておくことがとてもおすすめとなっているのです。

関連リンク

img-2
フロアコーティングを依頼するポイント

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。...

more
img-2
フロアコーティングの種類

フローリングを長持ちさせるフロアコーティングには、いくつかの種類があります。アクリル系コーティングはワックスとして使われ、塗りやすく塗りなおしも可能で、使いやすさが特徴です。...

more
top