フロアコーティングを依頼するポイント

img-1

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。


フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

大阪のフロアコーティングに関するマニアックな情報をお届けします。

まずはフロアコーティングの種類を知ることです。


ガラスやUVやシリコンなどいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

そういった種類と施工方法、期間などをきちんと説明してくれる会社を選ぶようにすると良いです。実物のサンプルで丁寧に説明してくれたり、写真などで仕上がりの具合などを説明してくれるかどうかチェックしましょう。

次に電話による対応がいつも可能かどうかもポイントになります。

長期間の修理や修繕保証を行うと言った保証書があっても迅速に対応してもらえなければ安心して任せることができません。

千葉のエコカラットの情報はここで調べよう。

メールだけの対応などというところは避けるほうが良いでしょう。


また実際の保証書サンプルも請求して、具体的な保障内容を確認することも大切です。

千葉のリフォームの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

部屋の帖数は壁の中心線を基準として表記されています。それを基準とした見積書は実際に施工するフローリング部分よりも広い面積ですので、正式な見積もりとは言えません。

神奈川のエコカラットについての情報を簡単に探すことができます。

間取り図などで見積もりをしてくれるところかどうかと言うのもポイントになります。そういったポイントを押さえた上で、気持ちよく対応してもらえる会社を選んでフロアコーティングを依頼すると良いでしょう。

裾野市の注文住宅関連のノウハウを解説します。

フローリングは丁寧に扱っていたとしても傷がついてしまいます。

http://news.goo.ne.jp/article/kurashinista/life/kurashinista-20160930_2000000976

また、小さなお子さんがいる場合などはすぐにジュースやお茶などをこぼしてしまう事も少なくありません。
それを掃除するのはかなり大変で、気が付けばワックスがはがれてきて白くなってしまう事もあります。


1年に2回程度ワックスを掛ける事ができればベストですが、家具を全て移動させて床に塗るのはかなりの重労働です。
手入れを楽にして、しかも傷自体もつきにくくする方法の一つがフロアコーティングです。
これは特殊な薬剤を使って床をコーティングする技術の事で、現在では入居前に施してもらう人も少なくありません。
勿論、既に住み始めてから何年も過ぎている場合であっても、コーティングをしてもらう事は可能です。


まずは業者に問い合わせてみましょう。
実際にコーティングしてもらうと、少し位子どもがジュースなどをこぼしてしまったとしても簡単にきれいにする事は出来ます。勿論、通常の使い方をしていれば、それまでよりもはるかに傷がつきにくくなるでしょう。

ただ、フロアコーティングにはいくつかの種類があり、それぞれで特徴が違います。

http://m3q.jp/?comment_id=6170&order=hot&page=104

自分の家ではどういったタイプのフロアコーティングを依頼するかを良く考えておきましょう。


また施工してもらって良かったと感じる為にも、フロアとコーティングの相性なども良く調べておく事が重要です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11145959906

そうすれば実際にフロアコーティングしてもらって本当に良かったと思う事ができるはずです。


関連リンク

img-2
フロアコーティングを依頼するポイント

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。...

more
img-2
フロアコーティングの種類

フローリングを長持ちさせるフロアコーティングには、いくつかの種類があります。アクリル系コーティングはワックスとして使われ、塗りやすく塗りなおしも可能で、使いやすさが特徴です。...

more
top