ワックスとフロアコーティングの比較

img-1

長年使っていると薄汚れてくるフローリングですが、フローリングをきれいにする方法は2つあります。一つはワックスでもう一つはフロアコーティングです。

この2つの違いは何でしょうか。

ワックスは学校などで学期末や学年末にかけた経験がある人もいるのではないでしょうか。ワックスの特徴は、なんといっても光沢が出ることです。


また、すべりやすいという特徴もありますが、これは時間の経過とともに乾き、滑りはなくなります。

また、フロアコーティングと比べると価格がはるかに安いのです。そしてワックスは業者に頼まずともできる上にワックスそのものも安いため、割と費用をかけずに塗ることができます。その一方で、ワックスには光沢の寿命が短いことや、はがれやすく見た目が余りよくないという欠点もあります。

では、フロアコーティングはどうでしょうか。

ワックスと比較すると長期的にその効果が持続します。

また、コーティングの種類によっては、かなり表面がピカピカになるものもあります。
さらに、ワックスにはない効果として、フローリングを傷から守ると言う役割があります。というよりも、フロアコーティングの本来の目的がフローリングを守ることですね。


これに対して、欠点としては費用が高くワックスが数千円で塗ることができるのに対して、フロアコーティングは10万円以上することがあります。

このようにどちらもそれぞれメリットもあればデメリットもあります。
場面によって使い分けるとよいでしょう。

新築の物件などのフローリングは予めワックスが塗ってある場合が多いですが、引渡し時に最初から塗装されているワックスは基本的に効果が短いものです。


そのままだと、すぐに日常生活でフローリングが傷や汚れによるダメージを受けてしまいます。

フローリングをなるべく長い間新築の状態のまま保つためにはフロアコーティングがお勧めです。


一番耐久性が高いと言われているUVコーティングなら耐用年数は20年以上といわれています。


フロアコーティングをすれば、通常の掃除機や簡単な拭き掃除などのお手入れだけですむので、自分で定期的にワックスを塗り替えるよりも断然お手軽です。

また、通常のフローリングよりも滑りにくくなるので小さなお子さんやペットがいる家庭でも安心して利用できます。

フロアコーティングは、初期費用が高いイメージがありますが、長期的に自分たちでお手入れをする手間や労力とフローリングの維持を考えればコストパフォーマンスは悪くありません。

UVコーティングですと、他のコーティング方法に比べて施工時の乾燥時間などが短くてすむようになっています。


早ければ半日程で施工がすべて完了するので、引っ越し前日に施工して翌日荷物を運び入れることも可能です。


コーティング会社によって費用に多少の差はあり、部屋の大きさや床材によっても施工可能かどうかがかわってくるので、事前の見積もりや資料請求などを利用して確認しておく必要があります。

函南町の注文住宅のことならこちらをご活用ください。

千葉県のリフォームの情報が欲しい方必見です

最近気になったアンテナ工事の費用に関するお悩み解決にはこちらです。

練馬区でリフォームの便利な情報を集めたサイトです。

京都木材に関する問題解決をサポートいたします。

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_book/9784767636245.html

https://matome.naver.jp/odai/2134062529113360601

http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20141006_02120141006

関連リンク

img-2
ペットと住むならUVフロアコーティングが最適

ペットブームと言われて久しい中、家族同様に家の中で飼われて幸せに暮らす犬や猫は数多くいます。ペットを家の中に飼っていますと、臭いや爪による傷が付いて困ることもあります。...

more
img-2
ペットを飼っている場合のフロアコーティング

家でペットを飼っていると、フローリングの床の傷が気になってしまうことがあります。ペットによるフローリングの傷などを防ぐ方法にフロアコーティングがあります。...

more
top