知りたいフロアコーティングの種類

img-1

床を綺麗に保つには、日々の掃除だけではまかなえません。


いつの間にか出来ている小さな細かい傷までは気がつきませんし、だんだんと経年劣化で色あせたり腐食していくものなのです。
なるべく早いうちにフロアコーティングを行う事で、綺麗な状態を長持ちさせていく事ができます。

フロアコーティングと言っても、幾つか種類があります。

どれも同じように見えても、行う作業によって耐用年数も違えば、コーティングそのものの効果も違いますし、作業料金も違ってくるのです。


値段重視で作業をするのか、それとも耐用年数で考えるのかなどでも、種類を理解しておくと選択しやすくなります。安価に作業をして欲しいと思うなら、アクリル系のワックスです。

ツヤだしが主な作業になるので、保護能力などはやや弱めになります。価格帯も一般的な作業がいいならウレタンコーティングです。

ツヤこそ控えめですが、摩擦に対して強いという特徴があります。

乾燥には少し時間がかかるので、なるべく初期の段階で行っておくといいでしょう。他にも、硬度の高いガラスコーティングや、基本的な性能が高いと言われるシリコンコーティングなどもありますが、機能性が高い分作業料金としては高くなります。


耐久性も高くやや高価ですが、20数年持たせたいと思うのであればシリコンコーティングもいいでしょう。

フロアコーティングにもいろんな作業がありますので、じっくりと作業内容を比較しながら依頼しましょう。床材へフローリングを使用している住宅など、特に新築時はフロアコーティングを施工するのがおすすめの選択肢であり、長く床の品質を維持するためには欠かせない要素となります。

フローリングとして使われている木材は表面の水分を吸収しやすく、放置しておくと湿気によって変形を起こしてしまう例が考えられるほか、衝撃もしくは摩擦の影響を受けて傷跡が残ってしまった場合は基本的に元へ戻らないデメリットを持ちます。


天然木材を使用する以上は仕方のない部分となりますが、断熱や防音といった機能性に優れていることから採用している住宅が多いのも現状です。

これらのフローリングを保護する役割としてフロアコーティングの技術が用いられており、床材の上に特殊なコーティングを施すことで水分や薬品の浸入を防ぎ、傷の残りにくい状況を実現する効果が期待できます。


フロアコーティングにはいくつかの種類が存在し、安価で摩擦に強いウレタンコーティングを始めとして、シリコンやガラス及びUVコーティングなどが代表的です。
原則として価格が高い種類ほど耐用年数に優れている理由から、1度施工が完了すれば10年以上使用できる技術に該当します。


また、ガラスとUVコーティングは耐久性と見た目の両面を重視したい場合に有用であり、フロアコーティングの中でも保護力に優れた種類として扱われています。
表面のツヤ及び滑り具合はフロアコーティングの種類によって大きく異なる要素なので、ペットのいる家庭などでは安全性も考慮する必要性が生じるでしょう。

















関連リンク

img-2
フロアコーティングを依頼するポイント

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。...

more
img-2
フロアコーティングの種類

フローリングを長持ちさせるフロアコーティングには、いくつかの種類があります。アクリル系コーティングはワックスとして使われ、塗りやすく塗りなおしも可能で、使いやすさが特徴です。...

more
top