ペットを飼っている場合のフロアコーティング

img-1

家でペットを飼っていると、フローリングの床の傷が気になってしまうことがあります。



ペットによるフローリングの傷などを防ぐ方法にフロアコーティングがあります。


フロアコーティングはフローリングの床などに特殊な剤を使ってコーティングを施すものです。



ペットを飼っていると、床のお掃除などは毎日の悩みの種になったりします。



フロアコーティングを施すことで、犬や猫の爪で床に傷が入ってしまったり、ペットのおしっこなどがシミになってしまったり、臭いがついてなかなかとれなくなってしまったり、フローリングが滑りやすくてペットが良く転んでしまう、ペットが水などをよくフローリングにこぼしてしまうことがあるなどペットによるフローリングの悩みを解消することができます。



フロアコーティングにはガラスやUVなどいくつかの種類がありますが、基本的にはどの種類も床を傷から守ることができるので爪の傷あとやひっかき傷を気にしなくて良くなりますし、耐水性があるので水拭きなどのお手入れがしやすく汚れを落としやすいので、シミになったり臭いがつくことを防ぐことができます。
また床が滑りにくくなるので、すぐに転倒すると言うことも少なくなります。



飼い主にとってはお掃除が楽になるという大きなメリットがありますし、フローリングがいつも清潔に保てて歩きやすくなります。

ペットを飼っている場合のフロアコーティングには摩擦や熱に対する保護性能が高く、床をペットが舐めても安全性が高いUVコーティングがおすすめです。
フロアコーティングを検討し始めると、自分なりに情報収集をしてどんなコーティング作業になりそうなのか、価格はどれぐらいで出来そうかといろいろ考えてしまうものです。


コーティングと言ってもどれも同じではないので、予算や用途などからも良く考えて依頼をしていかなくてはいけません。



とにかく値段重視にしたいのか、耐用年数も長めで質もなるべく良い作業にするのかは自分次第です。

その時に価格表なども業者のホームページなどを見て確認するのですが、これも作業範囲などが違ってくるので見積りは必ず取っておきましょう。



その上で依頼する業者を決めるのが鉄則です。
見積りの内訳もきちんと書いてあるのであれば、より安心してフロアコーティングをしてもらおうと思えるでしょう。
フローリングなども、最初のうちは何もしなくても綺麗なのですが、長く使っていくうちに家具等でこすれてキズが出来たりもします。



ペットを飼っていれば自然と傷もついたりします。

子供がいれば、食べこぼしたり外から帰ってきて泥などの様々なもので汚れたりもするものです。
それでもフロアコーティングをしておく事で、事前に防げる部分もあります。

作業をしておけば、綺麗に保てるのはもちろんですが、日々の掃除などのお手入れなどもしやすくなります。
予算などもあまり想像もつき難いかもしれませんが、見積もりを取りながらしっかりと相談に乗ってくれる業者を探して依頼をしていくようにしましょう。

関連リンク

img-2
フロアコーティングを依頼するポイント

フロアコーティングは主に新築やリフォームなどの際にフローリングの床に特殊な剤を用いてコーティングを施し、フローリングの床を長く美しく清潔に保てるようにするものです。フロアコーティングを依頼しようと考えたときにどの会社を選んだらよいかと迷うことがあります。...

more
img-2
フロアコーティングの種類

フローリングを長持ちさせるフロアコーティングには、いくつかの種類があります。アクリル系コーティングはワックスとして使われ、塗りやすく塗りなおしも可能で、使いやすさが特徴です。...

more
top